笑顔のままに【サニーライフ】

「にほんごが、うまくないわたしにたくさんおしえてくれて、またみんながたすけてくれてかんしゃします」

 

介護職員初任者研修を受けに来てくれたフィリピン出身の久保寺さんは、そうメッセージを書き残してくれました。彼女は演習中、いつ見ても笑顔が絶えず、最後の筆記試験もほぼ100点という高得点で合格しました。

 

母国語ではない言葉で、彼女が努力を重ねて得たこの素晴らしい結果に、大きな拍手を送りたいと思います。


異国の地で、その国の言葉で、何かを学ぼうとできるか?そう自分自身に問うてみると、尻込みしてしまい、彼女のように積極的に参加できずにいる私の姿が思い浮かびます。

 

外国人なのに、すごい。そんな言葉はありきたりで安っぽく感じるほどに、教室で見る彼女の人としての温かさ、明るさ、前向きさは眩しいほどでした。

 

「わたしのはたらいているところは、はたらきやすいよ。みんないいひと。ぜひおいで」

 

彼女に誘われて、有料老人ホーム「サニーライフ座間」に行ってきました。サニーライフと言えば、誰もが一度は聞いたことがあるはずのあのCM。

 

「もう、頑張りすぎないで」と歌う最後のフレーズは、家族の介護を抱え込んでしまう介護者をなくしたい、介護する人にとっても、される人にとっても、安心できる未来を作りたいと願い、頑張りすぎない勇気を応援し続けているのだそう。


利用者様を守るため、手を抜かない

記録的な猛暑と騒がれている中、食事や水分を飲む介助など、直接ご利用者様にふれるとき、職員さんが皆、マスクを着けている姿が目に留まりました。

 

インフルエンザやノロウィルスなどの感染症に備え、冬場にマスクの着用を促すのは、抵抗力の弱い高齢者が多く暮らす介護施設ではよくある光景です。しかし、夏場のこの時期、他の施設であれば職員さんが全員、マスクをつけている光景はあまり見かけません。

 

「感染症対策は、年間を通じて徹底しています。食事など介助をする際に、職員がご利用者様への感染源になるわけにはいかないのです」


施設の正面玄関も二重の扉になっており、出入りをする職員さんは、ドアが2つとも閉まるまで目を離さず、指差しで確認しています。

 

「離館(ご利用者様がうっかり施設の外へ出て行ってしまうこと)対策は、非常に重要です。介護職員だけでなく、施設を訪れる本部の社員も、同じ意識を持っています」


ナポリタンの甘酸っぱい香りが食堂いっぱいに広がる中、昼食を終えたご利用者様に、薬の袋を手に職員の菅沼さんが話しかけます。


サニーライフで徹底されていることは、どれもほんの数秒あればできることです。特別な技術も力も要しません。毎日同じ繰り返しでも、手を抜かずに守る人たちの意識によって、ご利用者様は安心に安全に、暮らすことができるのです。


自分の役割を丁寧に

続いて、2年前にオープンしたばかりの「サニーライフ伊勢原」も見学させてもらいました。

 

豆腐で有名な大山登山の玄関口になっている小田急伊勢原駅から、車で10分ほど走ると、住宅街に馴染むようにサニーライフ伊勢原は建っています。一つの施設の入居者様が平均100人ほどのサニーライフの中で、サニーライフ伊勢原は定員46人の最も小さな規模の施設です。

 

働いている職員さんも、徒歩や自転車で通勤できる人が多く、地域やお子様の学校の話などが休憩室で話題にあがることもあるそう。3階の窓の外に目を移すと、ずっと遠くまで裾野がのびる山々のまるで写真のような景色が広がっています。

 

「〇〇様、10時の飲み物をお持ちしましたよ」

 

居室のドアをノックし、今日も暑いですね、もうすぐ看護師さんが来ますと職員の桐谷さんは声をかけながら、ご利用者様に飲み物を手渡しています。

 

無駄のないてきぱきとした手つきや動きとは裏腹に、必ずノックをしてからドアを開け、言葉を交わしてから部屋を後にする流れは、当たり前のようで実はなかなかできていないことです。とても丁寧で、見ていて気持ちの良いものでした。


写真を撮ろうと、私は廊下をあちこち歩き回り、しゃがみ込みながら写真を撮ります。

 

「おっと、コードがあるから気を付けてね」

 

レンズ越しに映る職員さんに夢中で、自分の足元を見ていなかった私を心配して声をかけてくれたのは、施設管理職員の岸川さん。岸川さんは昔、介護職員として働いていたこともあるそう。サニーライフでは、掃除などの間接業務はクリーンさんと呼ばれる専門のスタッフや施設管理職員さんが手分けして行います。

 

掃除機の音が止まり、ふと振り向くと、岸川さんが腰をかがめて、床に貼りついてしまっている掃除機では吸い切れなかったゴミを拾っていました。冷房の効いた施設の中で、首に巻いた手拭いで汗をぬぐう後ろ姿に、頭を下げたくなる気持ちを覚えました。

 

ご利用者様がいつもきれいな環境で暮らし、介護職員が気持ちよく介護ができるのも、岸川さんのように丁寧に掃除をしてくれる人がいるからです。施設はありとあらゆる人たちがそれぞれの役割という車輪を回すことで、走っています。


背中を押してくれる人

「ちょうど、春に働き始めた職員もそろそろ仕事に慣れてきた頃なので、初任者研修を受けに行ってみたら?って、話していたところです」

 

サニーライフ伊勢原の施設長の上加(じょうか)さんは、施設長としてというより、施設全体のお母さんのように、あらゆる角度からご利用者様に関わるスタッフをまとめています。

 

資格を持たずに働き始めた職員さんや、施設で経験を重ねスキルアップをしてもいい頃合いの職員さんなど、一人ひとりのタイミングに合った研修を勧めてみると言います。

 

「学校の研修の中で、しっかりと学んだ方がいいこともあります。その知識や技術は現場の介護で活きますし、資格は一生ものだからねって、いつも話しています」

 

日々の仕事の忙しさなど、言い訳を作ればいくらでも後回しにはできます。けれども、より豊かな介護職になるために、新しい知識や技術を得ることや現場の経験に正しい知識を肉付けすることなど、成長に合った学びの機会は重要なはず。そんな時、少し背中を押してくれる人がいたら嬉しいですよね。


取材も終わりを迎え、駅まで送ってくださる道すがら、

「うちはサニーライフの中でも、始まって間もない若い施設ですから、ご利用者様の介護度も2から3の方がほとんどです。これから介護の仕事を始めたいという方にとっては、とても働き始めやすいですよ」

と、サニーライフ伊勢原の働く人にとっての良さを、上加さんは分かりやすく教えてくれました。

 

「こんなに大変そうに見えるご利用者様の介助が、自分にできるのだろうか?」

 

たとえば特別養護老人ホームでは、車いすを使って移動をしていたり、ベッドに横になっても自分で寝返りをうつことも難しい方など、介護度4や5などの重い方が多く暮らしています。そこで働くことを想像すると、不安にかられる人も実際にいます。

 

介護度が重いから大変だというわけでも、低いから簡単なわけでもなく、どう話しかけたらいいのか、どう介護したらいいのか、介護の仕事を始めようとする方には想像がつかないのかもしれません。

 

サニーライフでは、介護度の低い比較的元気な方から、介護度の重い方まで幅広い状態のご利用者様が暮らしています。もしあなたが、介護度の重いご利用者様の介護に二の足を踏んでいるのならば、思った以上に元気なご利用者様が暮らしている場所の方が、最初の一歩を踏み出しやすくなるかもしれません。


外国から来た人の活躍

サニーライフでは、久保寺さんのように外国で生まれ育った介護職員も多く働いています。

 

「外国の方々が多く勤めてくれるようになって、彼ら彼女らに驚かされることが本当にたくさんあります。何かできないことはあっても、どうしたらいいのか聞くことを恥じないですし、できることは積極的にアピールして取り組んでくれます」

 

「最初は言葉が通じなくて、ご利用者様との間に誤解が生まれるときもあります。けれども、そんなのは最初だけで、すぐに人気者になります。それはきっとね、あの笑顔と明るさだからだと思いますよ」

 

サニーライフ座間の施設長の猪狩(いかり)さんは、そう語ります。

 

何をしたらよいのか分からないのは、新人の職員であればみな同じ。もちろん、生まれ育ってきた国が違うことも関係ありません。介護に必要なのは、素晴らしい介護技術や豊富な知識よりもまず、明るい笑顔を向けてくれる人なのです。


採用情報

施設・事業所名称 サニーライフ座間、サニーライフ伊勢原
 サービス形態 有料老人ホーム
 勤務場所

サニーライフ座間 神奈川県座間市広野台1-18-20

サニーライフ伊勢原 神奈川県伊勢原市神戸577-1

*都内、神奈川県にある他施設も選べます

 最寄り駅・アクセス

サニーライフ座間 小田急相模原駅から徒歩15分

サニーライフ伊勢原 伊勢原駅からバスで10分「団地北」バス停下車、徒歩5分

*都内、神奈川県にある他施設も選べます

募集職種 介護職(ヘルパー)
雇用形態 常勤
仕事内容

有料老人ホームに暮らすご利用者様の生活全般のサポートです。入浴、食事、排泄など生活には欠かせないことやお祭りやレクレーションなど一緒に楽しみます。

給与

初任者研修2級、経験3年以上の場合 月給208,000円(基本給170,000円、介護職員処遇改善手当25,000円、資格手当3,000円、調整給10,000円)、夜勤手当 3,000円/回(他に深夜勤務分の割り増し賃金あり)、 住宅手当 10,000円~20,000円(家賃45,000円以上の賃貸のみ対象)、家族手当 配偶者5,000円、18歳以下第3子まで 1人当たり3,500円

勤務時間

7:30~16:30、8:30~17:30、10:30~19:30、16:00~翌9:00

※施設により始終業時間が異なる場合があります

休日

月9日(2月は8日)、年間休日107日

資格 初任者研修修了者以上
ボーナス

賞与 年2回(年間で基本給の2ヵ月分)

介護職員処遇改善加算金 年2回(賞与とほぼ同額以上支給実績あり。*支給額は経験等により異なります)

夜勤 月平均5回
交通費 規定により支給
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
車通勤 施設により可の場合あり(サニーライフ座間・伊勢原OK)
昇給 年1回(規定により)
見学 OK(案内をさせていただくため、事前に必ずご相談ください)
その他  


あなたにはこんな施設もおすすめ

民間救命救急の草分けであり、訪問介護・看護の事業所が併設している専門性の高い事業所です。訪問介護は難しくありません。

本厚木

放課後等デイサービスに通う子どもたちとのかかわりを通し、スタッフも毎日教えられ、成長できます。

相模原、相武台、淵野辺