今日も明日も会いたい人がいる【シャロームの家】

金森郵便局前のバス停を曲がって、あとは香ばしいパンの香りを追いかければ、「シャロームの家」にたどり着きます。散歩に来ていた保育園児さんたちが、焼きたてパンのノボリを指さしてせがんでいます。その隣では、「ここのパンは美味しいんだよね」と保育士さん。

 

カレーパンやウィンナーロールなどの惣菜パンから、フランスパンのフレンチトーストなどの甘いもの、さらには竹輪(ちくわ)パンやラムネパンなどの聞きなれないものまで、実にバリエーション豊か。近所の方々がひっきりなしに買いに来る人気店です。それもそのはず、地元でパン屋を営んでいた職人さんと、障害のあるご利用者さんたちが作るプロの味なのです。


レジでお金のやりとりをする方や元気に挨拶してくれる方、パンを入れる袋を準備してくれる方など、店舗の運営もご利用者さんたちの仕事であり、それぞれが出来ることにたずさわります。

 

美味しいパンを通じて、買いに来てくれた小さな子供からお年寄りまで、さまざまな人々と関わることができ、さらに利益を出すことで収入をも得られる。どれだけ重度の障害があっても、働いて、お金を手にすることはやりがいにつながります。


「シャロームの家」では、ご利用者さんたちは仕事と余暇活動を行います。パンの製造やボールペンの組み立て、ちらし配りといった仕事。ダイエットを目標に歩いたり、散歩したりするウォーキングクラブやスイミングクラブ、音楽クラブといった余暇活動。1日仕事をする方もいれば、午前中は仕事をして午後から余暇活動という方もいます。

 

1日の流れとしては、朝、シャロームの家の送迎車を利用する方と自主通所されている方がいます。朝の会を終えると、それぞれ希望に沿ったグループに分かれ、仕事や余暇活動を楽しみ、お昼ごはんと休憩をはさみ、また午後から仕事や余暇活動をして送迎車に乗って帰宅する。その1日のスケジュールの中で、ご利用者さんそれぞれの希望や出来ることに合わせ、支援員さんはサポートをします。


 

たとえば、ボールペンの内側にインクの芯を入れる仕事があります。手が動きづらいご利用者さんも、大きな洗濯ばさみに輪ゴムを巻いて枠を作り、滑り止めを下に敷くことで、仕事に参加できます。ただ車いすに座っている身体の不自由な人ではなく、できることを見つけて工夫をする支援員さんの引き出し方次第で、ご利用者さんの可能性が広がっていくのです。


明日も行きたい場所、会いたい人

「シャローム」には、ヘブライ語で『あなたの上に平安がありますように』という意味があります。

 

日常生活で、人と出会った時や別れる時などにも使われているそうです。あなたに平安がありますようにいう願いを込めて「シャロームの家」と名付けられました。

 

創設のきっかけは、理事長の上嶋さんの妹さんが、高校卒業後5年ほど通っていた施設に行きたがらなくなってしまったことでした。「明日も行かないといけないの?」と尋ねるようになり、朝、施設まで車で送って行っても、なかなか車から降りようとしなくなりました。

 

しばらくは様子を見ていたものの、日に日に表情は落ち込むばかり。言葉では言わずとも、全身で行きたくないと訴えているようでした。そんな妹の様子を見て、「そんなに嫌な思いまでして通わないといけない施設ってなんだろう」と上嶋さんも悩みました。

 

彼女に居場所がないなら、居場所をつくろう。

 

同じように行き場のなかったご利用者2人と、その家族が集まり玉川学園の民家の一室からスタートしました。11年前に社会福祉法人となり、町田成瀬の金森へシャロームの家として移ってからも、家庭的でリラックスできる雰囲気は変わりません。

 

他の通所施設と比べて、自閉症やダウン症などのご利用者さんがもつ障害の程度が低いわけではありませんが、ゆったりと落ち着いた空気が流れています。

 

「良いように言うと、のんびりしている。悪いように言ってしまうと、だらけているように見える」

 

一面だけを見てしまうと誤解を生むかもしれませんが、プログラムや仕事を押し付けてしまうことが、ご利用者さんにとっては良くない場合もあります。仕事をもっと一生懸命に取り組みたい人や、プログラムをたくさんやりたい人は、別の場所に通うほうがもっと楽しめるかもしれません。

 

「シャロームの家」では無理はしなくていい。家庭的な遊び半分、仕事も半分、思いっきり楽しいことがしたい!というご利用者さんがいて、職員さんも同じ気持ちです。

 

生活の中に思うようにならないことがあっても、ここに来れば話を聞いてくれる人がいる。喜びや悲しみを分かち合える仲間がいる。自分にもできる仕事がある。そんな生活の中での自信をつけていく。明日も会いたい人がいる、明日も行きたい場所なのです。

 

アットホームな雰囲気を大事にしつつも、障害の専門的な理解を高めたり、職員さんがもっと働きやすくなるような組織づくりは今後の課題だと教えてくれました。

 

秋にはグループホームがオープンします。ご利用者さんや家族もだんだんと年を取っていく中で、これからは自宅を離れても地域での暮らしを継続していけることを支えていきたい。

 

そうすると、今までは「こんにちは」、「また明日」だった挨拶が、「おかえりなさい」、「いってらっしゃい」になります。平日の朝は普通の家と同じような騒がしさがあって、夕方にご利用者さんが「ただいま」と戻ってくると、静かだったグループホームは生き返ります。「今日のお昼ご飯は魚だったよ」、「今日は歌を歌った」とか、その日の出来事を報告してもらえるのも家と同じですね。


皆の気持ちが一番分かる人が施設長

昨年、施設長になった長田さんは、今でも朝ご利用者さんを迎えに自宅を訪れます。カメラを向けても、「さぁ、ちょっと二階へ・・・」と恥ずかしそうに去っていってしまう彼ですが、ご利用者さんが隣にいるときは違います。休み時間になると、壁がない事務所の一番出入り口に近いところに座る彼の周りには、ご利用者さんが押し寄せ、姿が見えなくなるほどです。

 

朝の送迎はご利用者さんのご家庭と通所先をつなぐチェーンだと上嶋理事長は言います。家庭での前日から朝までの様子を聞くだけではなく、家族の様子や観察も大事です。

 

「お母さんの顔色が悪いけれど、体調は大丈夫だろうか」、「庭の花壇が手入れされていないけれど、忙しいのかな」と、ご利用者さんと同様に家族への気配りも欠かせません。一見シャイに見える長田さんはそれがとても上手で、ご利用者さんと関わることが好きだということが伝わってきます。ご利用者さんやその家族の気持ち、支援員の気持ちも一番わかる人が施設長には相応しいのです。


おでかけしようよ!

シャロームの家の特長は、ご利用者さんが主体となってつくる「おでかけレク」があることです。施設内の掲示板に、行きたい場所ややりたいことをポスターにして張り出し、同志はそこにサインをします。職員側が企画するのではない分、多くの参加者が集まらない場合でも決行します。

 

カラオケやお寿司を食べに行く企画はいつも大人気。友人と外に出かける楽しさや、面白さを味わってもらえる、たくさんの体験ができる場面をひとつでも多く作っていきたいという施設の考え方がベースにあるのです。


パンを作るご利用者さんにカメラを向けると、サービス精神旺盛にポーズを取ってくれました。また、パンを入れる袋を用意してくれる男性が、私が来ると必ずニヤリと笑い、腕を伸ばしてくれます(職員さん曰く、若い女性への愛想は抜群)。

 

作っている人、売っている人の顔だけではなく、人柄や性格までもが分かるからこそ、つい食べてみたくなるのです。町のチェーン店のパン屋で知らない他人から同じパンを買っても得られない、親しい友人からプレゼントをもらったときのような気持ちになります。

 

「ありがとうございました」と言われると、「こちらこそ、ありがとうございました」とお礼を述べたくなります。そんな風に、障害者が作っているから買うのでも、安いから買うのでもなく、パンひとつを通して心も豊かになる交流が増えると嬉しいです。


難しくも特別でもない

取材の日はちょうど七夕。青空の下、笹の葉はそよそよと気持ちよさそうです。笹に結んである願いごとをみせてもらうと、「すし」と書いてあり、お寿司が食べたいのかな?と想像力をかきたてるものもあれば、走り書きのサインのような願いごともあります。

 

「すし」ひとつとっても、回転ずしの中でもどこか特定のお店の、お気に入りの席で、外を走る車を眺めながら、家族あるいは友達と食べに行きたいのかもしれません。

 

残念ながら私には一つひとつの願いごとに込められたご利用者さんの想いに想像が及びませんが、多くの時間を共に過ごす支援員さんには分かることがあるはず。

 

言葉を発することがないご利用者さんであっても、視線や表情、仕草など、コミュニケーションのツールは数えきれないほどあります。同じように「嬉しい」、「楽しい」と思っていても、感情の表現の仕方が異なるだけであって、特別高度な技術がないと理解できないことではありません。

 

むしろ、目の前にいる彼ら彼女らが何を考えて、何を見ているのだろうかと目線を並べて見ようとできる人であれば、その想いにきっと応えられるはず。障害のある方への支援だからといって難しく考えることはなく、特別である必要もない。

 

今日も明日も会いたい。

 

そんな風に思ってもらえる人であれば、それでいいのだと思います。


採用情報

施設・事業所名称 社会福祉法人 紫苑の会 シャロームの家・第2シャロームの家
 サービス形態 生活介護
 勤務場所 町田市金森東1‐25‐20、金森7‐18‐2
 最寄り駅・アクセス

町田駅からバス 金森郵便局前  都営金森アパート前

募集職種 支援員
雇用形態 ①パート  ②嘱託職員(フルタイム)
仕事内容 利用者支援 作業支援(パン製造、ボールペン組み立て等) 食事介助 排泄介助 外出時移動介助
給与

①940円~(介護福祉士または、福祉職経験者+20円)

②170,000円~(介護福祉士または、福祉職経験者+3000円) (福祉職以外の他職種経験者+1500円) 最終学歴によっても差異があります。

勤務時間

①8:45~16:15 ②8:45~17:45

休日

日曜、祝日  月毎のシフトで定めた日(週休2日)

資格 初任者研修修了者以上
ボーナス

①謝礼(80,000円 昨年度実績)

②年2回支給 6月・12月 (120,000円/年、昨年度実績) 処遇改善手当もボーナス時に支給  (処遇改善手当年間 195,000円)

夜勤 今年度秋にグループホーム開設予定 異動有
交通費 規定内支給
社会保険

①雇用・労災 ②雇用・労災・健康・厚生・退職金共済

車通勤 要相談
昇給 あり
選考基準・プロセス 面接にお越しください
見学 OK
その他  


あなたにはこんな施設もおすすめ

職員さんの居心地の良さは、そのままご利用者さんに伝わります。いい関係からいい介護は生まれるのです。

町田、成瀬他

新卒の1年以内の離職率がほぼゼロの施設。採用に至るまで3度の面接を行うように、人が何より大事という考えが徹底されています。

成瀬、南町田