もし自分が介護を受けるなら【マナーハウス】

「あれ?間違えたかな?」

 

マナーハウス横山台に入り、私は訪問する場所を間違えてしまったのかと戸惑いました。エントランスを入ってすぐに絵画が目に止まり、「マナーハウス美術館」と銘打たれています。そう、ここは美術館という別名をもつ介護施設でした。入口だけではなく、建物全体の廊下などの至るところに絵画は飾られており、ご利用者さんは美術館の中で暮らしているのです。


世界旅行に行ってみませんか

湖山医療福祉グループの、社会福祉法人草加福祉会が運営する特別養護老人ホームの内装には、マナーハウス横山台が美術館と称されるように、それぞれ違うコンセプトがあります。

 

平成29年4月に相模原市にオープンしたマナーハウス麻溝台は、「世界遺産」がコンセプト。フロアーやユニットごとに、世界のある地域や国がテーマとしてデザインされ、壁紙やタイルもそれによって異なります。たとえば、1階はアジアオセアニアゾーンとなっていて、世界遺産のアンコールワットや屋久島などを想像させる造りになっています。他にも南米アフリカゾーンには、ガラパゴスやキリマンジャロなどもあり、施設の中を回るだけで、世界遺産を巡る旅に出ているような気分になります。


家族ではなく、介護のプロとしてかかわるということ

湖山医療福祉グループは理念として、「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」を掲げています。

 

それは、お客様がしてほしいと思う介護や医療のサービスを自ら考えて、提供するということです。この理念を実現するべく、スタッフ一人ひとりがどう考え、行動するのか方向を示す「こやまケアの行動指針」があります。10項目に分けられており、マナーハウス麻溝台の花城施設長が特に大事にされているのは、「私達はお客様が家族や大切な人との交流が図れるよう支援いたします」という内容です。

 

「私たちスタッフはご利用者さんの家族にはなれません。しかし、介護という仕事のプロとして、ご利用者さんの病気や性格により、本当は思っているのにうまく伝えることのできない想いを、ご家族や大切な方にお伝えすることはできますし、それをするのがプロとしての仕事です」

 

理学療法士として介護・医療の現場に携わってきた花城さんの「プロとして」と語る言葉には、積み重ねてきた経験や知識だけでなく、想いが込められています。今の介護の現場を知っているからこそ、変えていかなければならない、いや「変えたい!」という想いが原動力になっているのです。


普通の介護職が、普通の介護をしたらあたりまえの生活

(中央が高口光子さん。宮下さん(左)はケアカレの卒業生。高口さんの介護にかける情熱に、宮下さんはあっという間に心を奪われ、入職を決意されたそうです。右は採用担当の岡林さん)
(中央が高口光子さん。宮下さん(左)はケアカレの卒業生。高口さんの介護にかける情熱に、宮下さんはあっという間に心を奪われ、入職を決意されたそうです。右は採用担当の岡林さん)

同グループ内で看介護部長を務める、介護アドバイザーの高口光子さんが、マナーハウス麻溝台の設計から携わり、プロデュースしています。『介護施設で死ぬということ』など様々な著書があり、研修や講演会活動をされている彼女が今回コンセプトにしたのは、「普通の介護職が、普通の介護をしたら、あたりまえの生活」です。詳しく教えていただくと、「(介護職にとっての)ご利用者さんが送るあたり前の生活」ではなく、「ご利用者さんが望むあたり前の生活」だということです。

 

介護職の都合で決められた時間と順番に起床してもらい、朝食を召し上がっていただくのではなく、ご利用者さんの生活スタイルに合わせる。たとえば、夜遅くまでテレビ番組をみてから眠ることが楽しみである方にはそうしていただいて、翌朝はゆっくり目覚めたいのなら、起きたい時間に起きていただく。私たちもそうするように、ご利用者さんにも生活スタイルを自ら決めてもらうということです。」


父にいい顔をさせてくれてありがとう

マナーハウス麻溝台がオープンしてから、1週間のうちに生まれたエピソードをひとつ教えていただきました。長期的に病院に入院されていたご利用者さんのご家族が、マナーハウス麻溝台のコンセプトである「あたりまえの生活」を自らの父にもう一度送ってもらえる場所が見つかったことに涙されたそうです。

 

「あんこが食べたい」、「お風呂に浸かりたい」。たった2つのあたりまえの願い。入院中は点滴で命をつないでいたため、栄養士ともよく相談した上で、ペースト状のあんこを目の前に届けました。するとご利用者さんは非常に喜ばれ、ペロリと召し上がってくださいました。また楽しみにしていたお風呂は、介護士と理学療法士が快適な入浴を助ける技術を駆使しながら、大きなヒノキの浴槽にゆっくりと浸かってもらいました。そんな風にしてあたりまえの生活を取り戻し、数日後、ゆっくりと永い眠りにつかれました。

 

最後に挨拶をされたご家族は、「(医療器具の)管に繋がれたまま亡くなってしまうのかと思っていたのに、(父に)あんなにいい顔(表情)をさせてもらえて本当に良かった」とおっしゃってくださったそうです。

 

 

特別なことをするのではなく、あたり前なことをあたりまえにするだけでいいのだ、と確信できた瞬間だったはずです。

働く人々の想い

場所を変えて、マナーハウス横山台のデイサービスに訪れました。湘南ケアカレッジ卒業生の座間さんが勤めていました。人とワイワイにぎやかに楽しむことが好きだったので、デイサービスを選んだものの、排泄介助が自分にできるかどうかなど最初は不安があったそうです。しかし今では、入浴を嫌がられる女性のご利用者さんへの対応なども「ご利用者さんへの自分の関わり方次第で変わる」と話されるほどになっています。歩行が不安定なご利用者さんが立ち上がった時に気付けるように、常に周りの状況を把握する大事さも実感しています。ご利用者さんが「今日も楽しかった」と笑って家に帰っていく瞬間が好きだと語る彼が、とても頼もしく見えました。

 

それからなんと偶然にも、彼の同期に湘南ケアカレッジ卒業生の大住さんがいることにも驚きました。彼女はご利用者さんの表情を見ながら、車いすを押し、お話をされていました。楽しそうに働いている卒業生を見ると私まで嬉しくなります


マナーハウス横山台の ショートステイで働く林さんは、ご利用者さんに「まるで孫よ」と話しかけられると、柔らかな笑い方をされます。ご利用者さんと、介護士としての自分と両方の思いの折り合いをつけることができず悲しい体験をしても、「ありがとうって言われるこの仕事が、やはり好きですね」と言います。


理学療法士(PT)さんが、マナーハウス横山台で働く介護士をサポートしています。介護腰痛を予防するために、新しく入職された職員さんに対しては配属された先に赴き、そのユニットの実際に介助に入るご利用者さんに合わせた介助の方法や、注意点を伝えます。

 

理学療法士の上總(かずさ)さんは「職員さんそれぞれ体格も違いますし、ご利用者さんも違います。皆がみな同じ方法で介助するのが正解ではありません。その方とご利用者様に合った身体の使い方をお伝えしています」と教えてくれました。ご利用者さんの身体だけではなく、職員さんの身体も守る役割を担っています。

 

マナーハウスで働くうえで大事なことは、至ってシンプルなのだと感じます。ご利用者さんの気持ちを推し量り、ご利用者さんの気持ちになって考えてみることで、その方の望まれている介護が見えてくる。「寄り添う」という言葉を使うとわかりやすいのかもしれませんが、本当の意味で一人の人間の人生に寄り添うということは、想像以上に難しく、しかしシンプルなことなのです。

 

働く側の状況で提供される介護ではなく、ご利用者さんが望まれる介護を提供し続けていく姿勢さえあれば良いのです。そんな想いを共有できる方々を、マナーハウスでは求めています。


採用情報

施設・事業所名称 社会福祉法人 草加福祉会  特別養護老人ホーム マナーハウス横山台
 サービス形態 特別養護老人ホーム、短期入所
 勤務場所 〒252-0241 神奈川県相模原市中央区横山台1丁目28−3
 最寄り駅・アクセス

JR相模原駅よりバスにて横山小学校入り口下車徒歩7分

募集職種 介護職(ケアワーカー)
雇用形態 正社員、パート
仕事内容 特別養護老人ホーム、ショートステイにおける高齢者介護業務、入居者様又はご利用者様の生活全般に関する身体介助、余暇や趣味活動の支援季節ごとに開催される行事の企画、実行外出行事の企画、実行、支援
給与

基本給 190,000円~250,000円

夜勤手当5,000円/回 介護福祉士手当20,000円 パート 950円~1,100円(資格、経験により)

勤務時間

7:00~16:00、10:00~19:00、13:00~22:00、22:00~翌7:00 (配属ユニットにより勤務時間さまざまあります。)

休日

年間109日 (月9日×12カ月+特別休暇1日)

資格 初任者研修修了者以上
ボーナス

成果配分一時金としています。

前年度実績 正社員 およそ2カ月分/年(処遇改善手当含む)

パート・アルバイト 就業時間数、人事考課により支給

夜勤 22:00~翌7:00
交通費 50,000円/月まで実費支給
社会保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

車通勤 可(自宅からの距離2キロメートル以上)
昇給 あり(前年度実績2,000円~3,000円)
選考基準・プロセス 面接にお越しください
見学 OK
その他  
施設・事業所名称

社会福祉法人 草加福祉会  特別養護老人ホーム マナーハウス麻溝台

 サービス形態 特別養護老人ホーム、短期入所
 勤務場所 〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝3018
 最寄り駅・アクセス

JR相模原駅、小田急線相模大野駅よりバス20分(北里大学病院行

募集職種 介護職(ケアワーカー)
雇用形態 正社員、パート
仕事内容

特別養護老人ホーム、ショートステイにおける高齢者介護業務、入居者様又はご利用者様の生活全般に関する身体介助、余暇や趣味活動の支援季節ごとに開催される行事の企画、実行外出行事の企画、実行、支援

給与

基本給 200,000円~250,000円(試用期間3カ月は190,000円)

介護職手当15,000円

夜勤手当5,000円/回、(16:30~翌9:30までは8000円/回) 介護福祉士手当20,000円

パート 950円~1,100円(資格、経験により)

勤務時間

7:00~16:00、10:00~19:00、13:00~22:00、22:00~翌7:00、16:30~翌9:30 (配属ユニットにより勤務時間さまざまあります。)

休日

年間109日 (月9日×12カ月+特別休暇1日)

資格 初任者研修修了者以上
ボーナス

成果配分賞与としています。

パート・アルバイト 就業時間数、人事考課により支給

夜勤 22:00~翌7:00、16:30~翌9:30
交通費

50,000円/月まで実費支給

社会保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

車通勤 可(自宅からの距離2キロメートル以上)
昇給

あり(前年度実績2,000円~3,000円)

選考基準・プロセス 面接にお越しください
見学 OK
その他  


あなたにはこんな施設もおすすめ

社会福祉法人が母体となって運営する訪問介護事業所。訪問介護はワンパターンではない、そしてしっかりと稼げる仕事です。

相模原

放課後等デイサービスに通う子どもたちとのかかわりを通し、スタッフも毎日教えられ、成長できます。

相模原、相武台、淵野辺