ありがとう【芙蓉園】

スポンジブラシを歯茎でぐっと抑えて離さないご利用者さんのいたずらに、介護職員の山縣(やまがた)さんの顔には思わず笑みがこぼれます。チャーミングな彼女は口の中がさっぱりすると、しわが深く刻まれた掌をすり合わせ、「ありがとうね」と深く感謝を述べ、それを見て山縣さんはまた目尻を下げて笑います。

 

 

若さに宿るものではない、その人の在り方から現れる可愛らしさに触れる癒しや、その深すぎる感謝の言葉から与えられる力は計り知れません。

特別養護老人ホーム芙蓉園は、JR横浜線・小田急線町田駅からバスに乗り、町田街道沿いのバス停で降り、大通りから1本裏手に入ったところにあります。東急田園都市線の南町田駅からも歩いて6分ほどという、さまざまなアクセスができるエリアです。


同じ方法で教わらないからこそ、多くを学べる

フロアーを案内してもらうと、ちょうど昼食の時間帯。1フロアーに60名入居されているご利用者さんが一同に食堂へと集まり、大賑わいでした。先輩職員さんに交じり働く柿添さんは今年の春から芙蓉園で働いています。

 

「前職は人と関わることがほとんどない職業でした。直接誰かに『ありがとう』と言われる仕事がしてみたいと思い、サービス業の合同就職説明会に出向き、そこで芙蓉園の説明をしていた担当者の表情に惹かれて面接を希望しました」

と、介護の仕事に飛び込んだいきさつを語ります。

 

「介護の仕事を始めてみて、知らないことばかりで覚えることはたくさんあります。けれど、教えてくださる先輩職員さんもそれぞれに違ったやり方を見せてくれるので勉強になっています」

 

頼りないかのように見えた彼女のこの言葉に、私は思わずハッとしました。新人職員さんの困りごととして、「職員さんによって違う介助方法を教えてくれるので、どれを覚えたらいいのか分からない」というのをよく耳にします。

 

けれども、彼女の視点は「職員さんによって違うやり方を教えてくれるから、多くの方法が学べる」というプラスの側面から捉えたものでした。

 

 

正しさをどれかひとつに絞るのではなく、教えてもらえることを素直に受け入れようとする姿勢と吸収力がある彼女なら、たとえ習得するまでに時間はかかったとしても、長い目で見ると得るものは大きく、ゆくゆくは頼もしい介護士になるはずです。頑張るその背中を応援したくなりました。


基本的なことを1から学ぶ機会

芙蓉園には教育トレーナーという研修等を担当する専門職員さんが2人います。多くの介護施設では、介護主任等のリーダーがチームをまとめる業務と兼務して研修等も行っていますが、芙蓉園ではフロアー等の主任とは別に教育を担当する職員さんがいます。

 

濃青のポロシャツの主任教育トレーナーの山縣さんと、赤のポロシャツの野島さん。2人はともに芙蓉園で介護職として長く勤め、この春から教育トレーナーとして職員さんの研修を担当しています。

 

芙蓉園の新人教育では、3カ月ほどかけて30コマに及ぶ研修を行います。その内容は、社会福祉法人芙蓉会の方針やさまざまな介護サービスの説明などに始まり、食事や排泄などにまつわる介助技術と幅広く網羅しています。

 

配属された各フロアーでは、そこにいるご利用者さんに応じた介助を先輩職員さんから教わり、基礎の上に応用を重ねていく研修体制になっています。初任者研修を修了された方でも、一度復習をしてから現場へと入っていくことができるのでブランクがある方にも安心です。

 

さらに、教える側のフロアーの職員さんも、基本的なことを1から教える必要がないので、ご利用者さん一人ひとりの介助する際の気を付けた方がいいことなどを重点的に伝えることができます。

 

 

新人職員向けの研修が充実していく中、「私も教わりたいです」と、先輩職員からも研修を受けたいという声が聞こえてくるようになりました。

 

そもそも教育トレーナー制度が始まったのは、芙蓉園全体の介護技術の向上が目的でした。学ぶ機会ができたことで、さらに良い介護を目指したいという想いが、以前にも増して職員の間に広がり始めています。


良さを認め合える

「私は、山縣(やまがた)さんを尊敬しています。僕にはない部分が彼にはたくさんあります」

心からの言葉で、堂々と話す野島さん。

「そんなにハードルを上げないでくださいよ」と山縣さんは恥ずかしそうに謙遜します。

 

野島さんはこう続けます。

「私は以前フロアーで主任をしていたころ、新人職員が入ってくると『芙蓉園で一番介護が上手いのは山縣さんだから見ておいで』と、山縣さんのフロアーに新人職員を送り出していました。知識量も、技術も、職員さんを始めご利用者さんへの態度もすべてにおいて素晴らしいです」

 

これだけ具体的に褒められて嬉しくない人はいないはずです。山縣さんも耳まで真っ赤にして、目尻を下げて笑っています。

 

野島さんの語る山縣さんの素晴らしさはもちろんですが、自分にはない部分がある人の良さを認め、それを具体的に言葉にし、相手が喜ぶ形で伝えられることも素敵なことに思えます。良さを認め合える2人の姿を見て育っていく、次の世代の職員さんたちにも想いを馳せてしまいます。


支え合って働いている

総務課で働く浦下さん。Yシャツにネクタイ姿からは想像がつきませんが、以前は介護職員として芙蓉園で働いていました。

 

「ある時、『介護の現場を知っている人が事務職になった方がいい』と誘いを受け、異動になりました。経理や簿記についてまったく知らなかったので、もう無我夢中でしたね」

当時をそう振り返る浦下さん。

 

総務課の仕事について尋ねると、

「総務課は何でも屋です。施設に入ってくるお金の計算もしますし、フロアーでパソコンが動かなくなったと聞けば直しに行きますし、新しい職員さんが入職に至るまでの面接やロッカー、制服等の準備も仕事のうちです」と施設のさまざまな場面での仕事について教えてくれました。

 

「実は、柿澤さんに合同就職説明会で芙蓉園の説明をしたのも私でした。彼女は緊張しすぎて、話したのが誰だったのか覚えていないようですが…(笑)」

 

実際に介護の現場に身を置き働いてきた浦下さんだからこそ、その経験から人からいただく「ありがとう」という感謝の素晴らしさを、彼女にしっかりと伝えることができたのでしょう。

 

「新しく働いてくれる職員さんには、介護の仕事を長く続けてもらいたいと思っています。事務方は縁の下の力持ちのようなものですからね。介護の現場で働いていた時よりも直接『ありがとう』と言葉を受け取ることは少なくなりました。けれどたまに聞く『ありがとう』だから、嬉しいです」

 

介助に必要な物品ひとつにしても、誰かが注文や入金をしてくれたおかげで介護職員の手に渡るのです。滞りなく進んでいることの裏には、それを支えてくれている人が必ずいます。

 

「ありがとう」は、ご利用者さんと職員さんだけでなく、関わるすべての人がつながる言葉です。

 

「教えてくれてありがとう」、「お手本になってくれてありがとう」、「困っていたことを助けてくれてありがとう」。そう言葉を掛け合うことで、支え合って働くことができます。そこには相手の良さを認める気持ちがしっかりと含まれているのです。


採用情報

◆常勤

施設・事業所名称 社会福祉法人芙蓉会 総合福祉ホーム芙蓉園
 サービス形態 特別養護老人ホーム、短期入所生活介護(ショートステイ)
 勤務場所 東京都町田市南町田5-16-1
 最寄り駅・アクセス 東急田園都市線南町田駅から徒歩6分 小田急線・横浜線町田駅からバス15分 「小川原」降車徒歩1分
募集職種 介護員
雇用形態 ①正社員 ②パート
仕事内容

特別養護老人ホームのご利用者さんの生活全般にかかわる介護の仕事です。介護の仕事が未経験な方でも、教育トレーナーのもと基本的な知識を学んでから現場に出ていくので、安心です。

給与

①180,560円~279,120円 (内訳:基本給137,100円~225,100円+特殊業務手当・地域手当・処遇改善手当)、特殊業務手当16,000円、地域手当16,460円~27,020円、処遇改善手当11,000円、夜勤手当12,000円/回、住宅手当、扶養手当、経験加算給(基本給にプラスで)

②1,000円~1,120円 、経験や資格に応じて加算手当を考慮

勤務時間

①7:00~16:00、8:30~17:30、16:30~翌10:30

②8:30~17:30の間の4時間以上

休日

①週休二日制(年間休日118日) 入社2年目から7連休の取得制度があります

②シフト制

資格 初任者研修修了者以上
ボーナス ①年2回合計3.8カ月
夜勤 ①月平均5~6回
交通費 実費(上限なし)
社会保険 ①雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、財形貯蓄、退職金共済 ②労災保険
車通勤 可(無料駐車場あり)
昇給

①あり(前年度実績1,500円~2,000円/月)

②あり(前年度実績10円~20円/月)

選考基準・プロセス 面接にお越しください
見学 OK
その他  


あなたにはこんな施設もおすすめ

「我が家で暮らしたい」そう願う誰かの、困っていることにそっと手を差し伸べるプロフェッショナルになりませんか。

 

町田・成瀬・金森

障害のあるご利用者さんへの支援だからといって、難しく考える必要はありません。一緒に仕事がしたい、明日も会いたい。そう思ってもらえる人であればいいのです。

町田・成瀬・金森