介護仕事百景とは

あなたに合った仕事をセレクトします

湘南ケアカレッジの卒業生さんたちが働く施設や事業所、また独自の視点やつながり(信頼関係)から入手した、町田、神奈川の地域に密着した求人情報を提供します。働く場所や環境、お給料、福利厚生、働き方など、大切にするポイントを教えていただいた上で、あなたにとって最良だと思われる場所を提案させていただきます。より長く、楽しく、介護の仕事を続けてもらいたいと願っています。 

 

まずは見学してみましょう!

自分に合った介護の仕事(職場)を見つけるためには、実際に現場を見てみることが何よりも大切です。いきなり面接に進むのではなく、まずは見学をしてみましょう。ひとりだと緊張すると思いますので、施設・事業所までご案内します。その後、もし気に入ったら、採用面接に進んでみてはいかがでしょうか。

 

面接から最初の3ヶ月間をサポートします

介護の仕事の採用の合否は、ほとんどの場合、面接の良し悪しで決まります。第一印象だけではなく、質問に対する受け答えなどを含め、施設・事業所ごとに重要だと考えているポイントは少しずつ違いますので、きちんと準備をしておいた方が良いでしょう。また、ご希望に応じて、仕事を始めてからも3ヶ月間、個別相談などを通しサポートさせていただきます。最初の一歩をスムーズに踏み出してください。



自分に合った「想い」や「働き方」を見つけてほしい。そして、介護の仕事を楽しく、長く続けてもらいたい。

卒業生さんたちと話していると、介護の仕事の話になることがあります。「楽しいです!」、「やりがいがあります」と笑顔で語ってくださると、素直に嬉しいですし、私たちの教えがいにもつながります。しかし中には、「自分に合っていないかもしれない」、「理想と現実のギャップに悩んでいる」という方もいます。話を聞き進めていくと、たしかに人間関係の難しさや介護のあるべき姿とかけ離れている現場もありますが、ほとんどの場合は、その施設や事業所との「想い」のズレであったり、「働き方」の問題ではないかと最近思うようになりました。

 

ここでいう「想い」や「働き方」とは、「どういう介護をしたいか?」、「そこで働く人には何が求められているのか」、「どのような利用者さんが対象なのか」、「どのようなやりがいがあるのか」、「その仕事を通して何を学べるのか」、という本質を指します。

 

たとえば、年齢的に若く、これから現場でバリバリに働いて、キャリアアップをしていきたい方にとっては、特別養護老人ホームのような施設で、たくさんの利用者様と向き合いながら、技術や知識を速いスピードで身に付けてゆく「働き方」が良いかもしれません。逆に利用者の人生に寄り添うような介護をしたいと「想う」人が、同じような忙しい現場に放り込まれたら戸惑い、理想と現実の違いを感じるはずです。そのような方にとっては、たとえばグループホームや訪問介護のような「働き方」が合っているかもしれません。同じ高齢者に対する介護の仕事でも、たくさんの「想い」や「働き方」がありますし、また障害者の支援の仕事など、意外と知られていない介護の「想い」や「働き方」もあります。

 

ところが、こういった介護の仕事における「想い」や「働き方」に関する情報があまりにも少ないのが現状です。折り込み広告やフリーペーパー、インターネットの求人広告など、どこを見ても、そこにあるのは給与と勤務地、雇用形態などの情報ばかり。まったく「想い」や「働き方」が見えてこない。これから介護の仕事を始めようと思っている、または今の介護の仕事から転職・キャリアアップしようと考えている人たちは、そういった情報だけを頼りに選ばなければならないのです。そこには壮大なるミスマッチが生まれて当然です。

 

たしかに、実際に仕事をしてみないと分からないこともありますが、それでもできる限りにおいてミスマッチを少なくしたいと願い、「介護仕事百景」を立ち上げました。コンセプトは単純です。卒業生が笑顔で働いている、または湘南ケアカレッジが独自の視点やつながりから選んだ施設や事業所を中心に取材し、介護に対する「想い」や「働き方」を紹介する。私たちが集める現場で働く卒業生たちの声は価値ある情報になるはずです。「介護仕事百景」は人と人をつなぎます。自分に合った「想い」や「働き方」を見つけた皆さまが、介護の仕事を長く続け、「楽しいです!」、「やりがいがあります」と笑顔で語ってくださる日を楽しみにしています。

「介護仕事百景」編集長 村山敬之